HOME » <文書別>翻訳業者の料金相場まとめ~英訳・和訳編~ » 医薬品・製薬

医薬品・製薬

医学 英語

世界を視野に入れて活動中の製薬メーカーにとって、新薬申請、自社製品の研究開発などに関する翻訳は必要不可欠な作業です。

とりわけ入念に作成された文章に関しては、国際基準を満たす専門知識と翻訳技術の双方が求められ、確実な対応が可能な翻訳業者の選択が重要です。

医薬品・製薬の翻訳が必要となる場面について

医薬品に関する報告書や各種申請書類の翻訳に際しては、MedDRAをはじめとする各種国際基準を満たす翻訳と校正が欠かせません。治験総括報告書(CSR)や治験薬概要書(IB)、治験実施計画書(プロトコル)、臨床試験報告書、非臨床試験報告書、薬事ガイドラインなど、その種類は多岐にわたります。

グローバルな医薬品・製薬会社であれば、英語を始めとする各国語と関連知識の双方に精通した人材を抱え、自社内でこれらの翻訳を行っているかと思われますが、実際には外部の翻訳サービスが頻繁に活用されています。

その理由として、単純に直訳するだけでは翻訳された文章の「質」に問題が見られ、細心の注意が求められる単語の選択や表現に間違いが生じるリスクの回避があげられます。

このような内容に間違いがあってはならない重要な文章の翻訳作業には、医薬品・製薬会社の研究開発チームに匹敵する専門知識と、高度な翻訳技術の双方が求められます。

新たな開発が続けられるなか、常に最新の内容を各国の母国語で正しく表現するためには、同分野に特化した専門レベルの翻訳サービスの活用がおすすめです。

医薬品・製薬の翻訳業者を選ぶ際の注意点

医薬品・製薬の翻訳には「専門性」と「正確さ」の双方が、高いレベルで求められます。文章のタイプがそれぞれ異なる翻訳の依頼に際しては、原稿の分野とタイプを的確に見極め、最適な翻訳者の手配が可能な翻訳業者の活用が望まれます。

医薬品・製薬関連の文章と一括りで捉えがちですが、実際には数多くの分野に細分化されており、それぞれに求められる必要な専門知識や翻訳文作成上のスキルは異なります。

専門的に精通していない翻訳者に当たってしまうと、単なる「訳文」レベルの翻訳にとどまってしまい、結果大がかりな修正作業が避けられず、大きなロスが生じてしまい兼ねません。こうした悪循環が結果、自社のプロジェクトに悪影響を及ぼしてしまえば、そのデメリットは図り知れません。

また医薬品・製薬関連の専門的な文章では、翻訳内容や文章の構成などに関し、幾度も再校正を重ねなければならないケースも見られます。こうした作業をその都度新たに異なる翻訳業者に依頼するとなれば、時間と費用双方の負担が膨らんでしまい、自社の新薬開発や製薬に大きな支障が避けられません。

こうしたデメリットを回避する意味でも、期間限定で無料で再校正に対応してくれる翻訳業者を探すことをおすすめします。自社が行った翻訳作業に対する手厚いフォローを約束してくれる、納得できる適正な料金設定の業者の選択が重要です。

英語翻訳が安い!
最安3社の料金を比較
  ケースクエア エディテージ クロスインデックス
英→日 10円~ 16円~ 20円~
日→英 10円~ 15円~ 11円~
HP 公式HPを見る 公式HPを見る 公式HPを見る

ページの先頭へ