HOME » <文書別>翻訳業者の料金相場まとめ~英訳・和訳編~ » 英語翻訳の料金相場【不動産編】

英語翻訳の料金相場【不動産編】

高い専門知識が必要とされる不動産の翻訳は、信頼できるプロの翻訳業者に依頼するのがベストです。取り扱う金額も莫大な不動産取引では、わずかのミスも許されません。わずかなミスが大損害へと繋がる可能性もあるのが、不動産翻訳です。

不動産の翻訳とは

不動産の翻訳には、幅広い専門性が必要とされます。取引や契約書関連の知識はもちろんですが、建築や法令の知識、不動産投資、金融に関わる知識など、幅広いジャンルについての専門用語を熟知していなくてはなりません。

不動産翻訳が関わる事例には、以下のようなものがあります。

不動産取引に関する各種書類

不動産売買契約書、建物賃貸借契約書、不動産購入申込書、不動産登記事項証明書、重要事項説明書、固定資産評価証明書、建設住宅性能評価書、団体信用生命保険約款、不動産担保ローン約款など。

不動産開発に関する各種書類

不動産開発会社アニュアルレポート、商業施設開発計画書、商業施設テナント向けパンフレット、不動産開発コンサルティング会社会社案内、建築物環境計画書、マンション販売広告

不動産投資に関する各種書類

海外投資家向け不動産販売セミナー資料、リバースモーゲージ分析資料、不動産マーケット報告書、REIT 目論見書、REIT四半期運用レポート、不動産投信運用会社パンフレットなど

不動産翻訳が、いかに多岐にわたり、専門性の高いものであるかが、一目瞭然です。これらの知識も、1度覚えればよいというものでなく、新しい法律や、新発売の金融商品についての知識を、常に更新続けなくてはなりません。まさにプロの仕事が求められる現場なのです。

もし、これらの翻訳をプロに任せず自力、自社で対応しようとすると、以下のようなリスクが考えられます。

運用の失敗例

  • 専門用語の誤訳で、契約に不備が発生する。
  • 書類作成に時間がかかり、市場参入や提案の時期を逸する。
  • 投資説明書類の不備が原因で、顧客に大損をさせてしまい、賠償責任が発生する。

不動産に関する契約は、取引でも金融でも、非常に高額な取引になることが少なくありません。書類の不備は、経営的にも大きな損害に繋がります。

運用の成功例

  • 素早く、間違いのない翻訳書類で、取引が円滑に進む。
  • 海外との取引が活性化し、業務拡大に繋がる。
  • 新しい金融商品や不動産マーケットへ素早く参入できる。

不動産の翻訳にかかる料金相場

不動産翻訳の料金相場の例を紹介しましょう。

翻訳する書類には、些細なミスが大きなトラブルに繋がるような重要な文書もあれば、概要を伝えることができれば十分な、簡易な資料もあります。翻訳にどれだけの費用をかけるかは、利用者のニーズによって変動するので、実際は翻訳業者に見積もりを依頼し、決めることになります。

原文100文字あたりの翻訳料金

  日本語から英語 英語から日本語
A社 1,200円〜1,600円 1,200円〜1,800円
B社 1,300円〜2,500円 1,500円〜2,500円

依頼から納品までの流れ

依頼から、納品までの流れはどの翻訳業者でも大きな違いはありません。大まかな流れを紹介しましょう。

見積もり依頼

翻訳したい原稿を送付し、見積もりを依頼します。原稿の送付は翻訳業者ホームページにフォームを利用するのが一般的です。

このときに、使用目的、納期、予算やレイアウト、仕上げについての要望も伝えます。特に使用目的は、翻訳の精度にも関わることがあるので、きちんと伝えておきましょう。

見積もり確認

翻訳業者にもよりますが、1営業日程度で見積もりがメールで送られてきます。内容を確認し、不明点、新たな要望があれば伝えて、再度見積もりを行います。合意ができれば、本発注です。

翻訳担当者決定

翻訳業者のコーディネーターが、発注書類の分野、専門性から最適な翻訳者を決定します。業者によっては、次回以降、翻訳者の指名が可能です。

翻訳作業開始

要望を翻訳者に伝え、ニーズに沿った翻訳作業を進めます。

納品・支払い

作業完了後、メールで翻訳文書のファイルが納品されます。ファイルサイズが大きい場合はダウンロードサーバーを利用します。郵便やファックスも、希望に応じて対応しています。

支払いは、企業利用の場合は、納品後の後払いですが、個人で利用する場合は、先払いとなり、支払い確認後に翻訳作業に入ります。支払い方法は翻訳業者によって異なりますが、たいていの場合、銀行振込かクレジットカードで行われます。

不動産の翻訳業者を選ぶ際の注意点

翻訳業者を選ぶ際は、料金、対応速度、翻訳品質のバランスが重要です。料金や対応速度については、ホームページにも記載されていますが、翻訳品質は定量的に測ることができません。ホームページに記載されている、過去の対応事例や実績、年間の請負数などを参考にし、信頼できるかどうかを見極めましょう。

また、不明点を質問した際の回答内容、速度も業者の質を見極める良い方法です。専門性の高い書類を依頼する際は、わざと専門用語を入れた質問をし、相手の出方を観察するのもよい方法です。

追加料金になりますが、翻訳した書類を別の翻訳者によってダブルチェックするサービスを実施している業者もあります。求める精度によっては、このようなチェックにも対応できる業者を選ぶことも検討しましょう。

英語翻訳が安い!
最安3社の料金を比較
  ケースクエア エディテージ クロスインデックス
英→日 10円~ 16円~ 20円~
日→英 10円~ 15円~ 11円~
HP 公式HPを見る 公式HPを見る 公式HPを見る

ページの先頭へ