HOME » <保存版>翻訳会社の正しい選び方~3つのポイントを伝授~ » 専門分野に強い翻訳業者を選ぶ
~より良い翻訳のために~

専門分野に強い翻訳業者を選ぶ
~より良い翻訳のために~

翻訳業者を選ぶ時に重要なことのひとつは、依頼した内容に対する「十分な専門性」をもっているかどうかということです。

もし、専門性が不十分であれば、翻訳は正確さに欠け、品質が落ちてしまうからです。

翻訳業者によって、カバーしている専門分野がそれぞれ違い、それぞれに得意とする専門分野を持っています。

「大手だから安心」という安易な決め方ではなく、小さな翻訳業者でも、依頼したい内容の専門分野に長けた翻訳業者の方が、より良い翻訳をしてくれるでしょう。

幅広い分野に高い専門性をもつ
「ケースクエア」

ケースクエア公式HP
http://www.wayaku-service.com/

ケースクエアは、翻訳する言語を世界の共通語である英語に特化し、その分、幅広い分野に対して、高い専門性をもって翻訳することに注力している会社です。

翻訳したい言語が英語のみの場合は、英語に特化することで翻訳の品質がよいケースクエアのような会社を選ぶことをおすすめします。

ただし、英語以外の言語にも翻訳する予定や可能性がある場合は注意が必要です。もし英語以外の言語の翻訳をすることになった場合、他の翻訳業者に最初から依頼し直すことになります。

英語以外の言語の翻訳が必要であれば、はじめから多言語で対応できる翻訳業者に依頼した方がよいでしょう。

専門性だけでなく
「ローカライズ」「コピーライティング」も重要!

また、「専門性の高さ」と同様に重要なものとして、「ローカライズ」「コピーライティング(トランスクリエーション)」の技術の高さがあります。

ローカライズ

「ローカライズ」は、その国の背景に合った言葉や表記に置き換えて、意味の通る翻訳にすることをいいます。

これからの時代は、外国人観光客の集客やオンラインショッピングなど、サービス業の広告の翻訳が増えていくと考えられます。ローカライズされた文章は、対象となる国の人から好まれやすい内容となるため、広告の内容をより伝えやすくなるのです。

国内だけでなく、国外で広告を行う場合にも、言語のローカライズは重要なポイントといえるでしょう。

コピーライティング(トランスクリエーション)

「コピーライティング(トランスクリエーション)」は、その国の文化や習慣などの背景に合わせて、その国の言語でコピーを作り直すことです。

この時、ブランドづくりや標的となる顧客層を決めることなどマーケティングのスキルも必要になります。

翻訳会社に依頼する場合は対象の国の文化に精通しているだけでなく、広告の翻訳に対応する翻訳会社や、広告の翻訳を経験したことのある翻訳者に依頼するとよいでしょう。

より良い翻訳業者を選ぶためには、その分野や、その言語の国の背景に精通しているかどうか、必要なスキルを持っているかどうかを見極めることが重要です

英語翻訳が安い!
最安3社の料金を比較
  ケースクエア エディテージ クロスインデックス
英→日 10円~ 16円~ 20円~
日→英 10円~ 15円~ 11円~
HP 公式HPを見る 公式HPを見る 公式HPを見る

ページの先頭へ