TOP » <保存版>翻訳会社の正しい選び方~3つのポイントを伝授~ » 翻訳業者で精度アップ!機械翻訳と翻訳業者の違い

翻訳業者で精度アップ!機械翻訳と翻訳業者の違い

翻訳には大きく2つの方法が挙げられます。

1つは機械翻訳、もう1つが翻訳業者へ依頼をするという方法。

いずれも一長一短があり選択に迷うところではありますが、より高い精度で翻訳をしたい場合は、後者の翻訳業者へ依頼の一択となります。

では、具体的な違いを見ていきましょう。

機械翻訳のメリットは手軽に文章の雰囲気を感じ取れる

昨今、機械翻訳はインターネット上で行うことができます。

「英語 翻訳」と検索ワードを入力して検索をすれば直ぐに見つかるはずです。

ここに翻訳をしたい文章を入力するだけで、直ぐに翻訳ができるというわけです。

サクッと調べられる大きなメリット

上記のように、機械翻訳はスマホなどインターネットに繋がる環境さえあれば、サクッと調べることができる大きなメリットを持っています。

短い文章であればあるほど本領を発揮してくれます。

業者に依頼する場合、様々な手続きなどが発生してしまうため、ここを端折って翻訳ができるという手軽さはメリットですね。

所詮「機械」のため精度には限界がある

しかし、手軽に翻訳ができる反面、精度の部分でどうしても限界があります。

長い文章になればなるほど、このデメリットは顕著に表れてしまうことに...。

言ってしまえば、機械翻訳は人が作ったものであり「この入力があったら、この出力(翻訳した言葉)をする」と定型化されてしまっているわけです。

結果、似たような文章でもニュアンスは違ったとしても、同じ翻訳になってしまう恐れがあります。

余談ですが、最近流行っているAI技術がありますが、この技術が発達してくると、機械翻訳の精度も上がってくるはずです。

専門書など会話形式の文章がない本であれば、かなり高い精度で翻訳ができるようにはなっているようです。

ただ、明確に「何%程度の翻訳ができているのか」という点は、まだ分かっていないようです。

──近い将来「定型的」なテキストならば機械翻訳が人間と遜色ない精度になるとして、一般的に接するテキストの何%くらいが機械翻訳によってカバーされるでしょうか?

中澤敏明(以下、中澤):何%がカバーされるかについては、明確な答えは持っていません。

引用サイト:機械翻訳の未来:気鋭の研究者が語る、AIの言語感覚スパイラル

翻訳業者は文章の意図を汲んでくれる

対して翻訳業者に依頼をした場合は、機械的な定型化された文章ではなく、人間味のある文章で翻訳をしてくれます。

以下より、掘り下げて説明をしていきます。

依頼者の意図/文章の意図を汲んで翻訳をしてくれる

業者に翻訳を依頼するということは、すなわち「人が文章を理解して、その理解の元、適切な言葉にして翻訳してくれる」ということを意味します。

必然的に、人間味のある文章になる確率がぐんと上がります。

また、依頼者と業者が打ち合わせをする際、依頼者側の意図も理解してくれます。

この意図を踏まえて翻訳をすることになるため、より依頼者が求める精度の高い成果物になってくるわけです。

ここに機械翻訳との大きな差があります。

プロにお任せすることになるため料金が発生する

デメリットは大きく2つあり、時間が掛かってしまうこと、料金が発生してしまうことです。

プロにお任せするため、ここは致し方がない部分ではあります。

より精度を求めるのであれば、必要な出費として理解するほかありません。

参考:

日本語1文字 4000文字程度
業者Aの場合 8円 1営業日~3営業日
業者Bの場合 9円 2営業日~3営業日

方言など「人間味溢れる文章」に仕上げてくれる

ちなみに、方言も取り入れた翻訳も翻訳業者は行ってくれます。

方言も取り入れてくれるということは、人間ならではの言葉遣いなど、会話のやりとりをイメージできるような文章ができるということ。

さらに言うと、本音と建前だったり、言葉の強弱だったり人間感を出すことが可能です。

例:Shut Up…機械翻訳「黙れ」、業者依頼「うるさいわ!」

同じ言葉でも、後者の方が人間味に溢れる文章になっていませんか。

Shut Upの前後の文章から、例のような翻訳にしてくれるのは、人間が作業をするからこそ。

ここに機械翻訳との精度の差があるわけで、この調子で翻訳をしてしまえば、全く違う文章になってしまうことは火を見るより明らかです。

まとめ「精度が高く意図を汲んで欲しいなら翻訳業者へ依頼」

機械翻訳は、手軽に素早く簡単に文章のニュアンスを知ることができるメリットがありますが、精度は高くありません。

業者翻訳は、時間とお金が発生してしまいますが、その分精度が非常に高い翻訳をしてくれます。

結果、皆様がお考えの「翻訳」を求めるのであれば、冒頭でお話したように業者翻訳一択になるというわけです。

英語翻訳が安い!
3社の料金を比較
  実績 料金 見積もりスピード 口コミ
ユレイタス
ユレイタス公式HP 公式HPで
無料見積もり
東京大学・大学院、京都大学・大学院、早稲田大学・大学院、日本銀行、内閣府、ニュージーランド大使館、国立がんセンター、キヤノン株式会社、ソニー株式会社、愛知県がんセンター、青森県スポーツ科学センター、大阪府こころの健康総合センター、大阪府立泉州救命救急センター、Abbott、エルゼビア・ジャパン株式会社、あいち小児保健医療総合センター、愛生会山科病院、ほか多数 英訳 1字/8.6円~
和訳 1ワード/9.6円~
ボリューム割引あり
1時間~
英→日納品(1,000単語)/1営業日
日→英納品(1,000文字)/1営業日
・翻訳の質は非常に高く、素晴らしいサービスを提供していただきました。発注方法も簡単でした。翻訳の出来は私の期待通りで、担当チームのプロ意識と努力に感謝しております。知人へもユレイタスを紹介したいと思います。
・私は翻訳サービスを使うのは初めてでした。翻訳をしていただいたあと、私のほうで訳文を大幅に修正しなければならないかと思っていたのですが、思ったよりも修正箇所が少なかったので助かりました。翻訳者の方が元の日本語の意図をうまくくみ取ってくださっていると感じました。日本語としても読みづらくわかりにくい部分を、見事に意訳していただきました。

引用元:ユレイタス(https://www.ulatus.jp/client-voice.htm

ケースクエア
ケースクエア公式HP公式HPで
無料見積もり
内閣府/国土交通省/気象庁/日本原子力研究開発機構/宇宙航空研究開発機構/文部科学省/情報処理推進機構/東京大学/筑波大学/京都大学/慶應義塾大学/北海道大学/IHI/本田自動車株式会社/トヨタ自動車株式会社/三井情報株式会社/ドコモ株式会社/ソニー株式会社/富士通株式会社/日本航空株式会社/東芝株式会社/NTT/大成建設株式会社ほか多数。 英訳 1字/10円~
和訳 1ワード/10円~
1時間〜
英→日納品(1,000単語)/1営業日
日→英納品(1,000文字)/1営業日
数社から見積りを出してもらい、一番安かったのでお願いしました。見積りが他社よりもかなり安かったので、不安もありましたが、コーディネーターのサービスの丁寧さや、仕上がりを見て杞憂であったと思いました。すばらしい仕事をされるので、今後もケーススクエアさんにお願いします。
今まで色々な会社に翻訳を依頼していましたが、ケーススクエアさんのサービスはとても良かったと思います。こちらが必要としている知識や経験をお持ちで、専門的な翻訳をしていだだきました。コーディネーターの方の配慮がきめ細やかで、急ぎの時や例外事項も柔軟に対応して頂いています。

引用元:契約書翻訳会社

NAIway
NAIway公式HP 公式HPで
無料見積もり
朝日オフセット印刷株式会社 株式会社MIC 株式会社アマナ 株式会社ケリングジャパン 万田発酵株式会社 JEF商事株式会社 サッポロビール株式会社、株式会社エクザム 横浜市国際局・文化観光局 石川広告美術株式会社 株式会社ディーズ ギャラリー 株式会社LIXIL 公益財団法人 かながわ国際交流財団 福井放送株式会社、ほか多数 英訳 1字/15.4円~
和訳 1ワード/20.35円~
1時間~
英→日納品(1,000単語)/2営業日
日→英納品(1,000文字)/2営業日
・2015年3月に創刊したT JAPANの契約などに関わる日英・英日翻訳を依頼しております。納品いただいた原稿は誤訳等もないため手直しする必要がなく、そのまま利用できる点が大変気に入っています。また、見積もり依頼から納品までメールでのやり取りも丁寧に対応してくださいます。急なお願いにも対応していただけますので大変使い勝手の良い翻訳サービスだと思います。
・2009年から長期に渡り、多言語でのWEB制作の翻訳を依頼しております。英語は勿論のこと、ポーランドやハンガリーなどの欧米、フィンランドやノルウェーなどの北欧などの、他社では依頼できないマイナー言語にも幅広く対応してくれます。急な依頼の際にも対応が早く助かっています。またクライアントから、納品後に誤訳などの申し付けもないので信頼しています。

引用元:NAIway(https://www.naiway.jp/voice/

※当サイトに掲載されている翻訳業者の中から、無料トライアルに対応しており、問合せ・見積もりへの対応スピードが1時間以内と明記されている業者3社を比較(2021年8月調査時点)

ページの先頭へ