TOP » <保存版>翻訳会社の正しい選び方~3つのポイントを伝授~ » 専門分野に強い翻訳業者を選ぶ
~より良い翻訳のために~

専門分野に強い翻訳業者を選ぶ
~より良い翻訳のために~

翻訳業者を選ぶ時に重要なことのひとつは、依頼した内容に対する「十分な専門性」をもっているかどうかということです。

もし、専門性が不十分であれば、翻訳は正確さに欠け、品質が落ちてしまうからです。

翻訳業者によって、カバーしている専門分野がそれぞれ違い、それぞれに得意とする専門分野を持っています。

「大手だから安心」という安易な決め方ではなく、小さな翻訳業者でも、依頼したい内容の専門分野に長けた翻訳業者の方が、より良い翻訳をしてくれるでしょう。

幅広い分野に高い専門性をもつ
「ケースクエア」

※当サイトに掲載されている翻訳業者の中から、公式サイト上に掲載されている対応分野が最も多い(78分野)翻訳業者をピックアップ(2021年8月調査時点)

ケースクエア公式HP
https://www.wayaku-service.com/

ケースクエアは、翻訳する言語を世界の共通語である英語に特化し、その分、幅広い分野に対して、高い専門性をもって翻訳することに注力している会社です。

翻訳したい言語が英語のみの場合は、英語に特化することで翻訳の品質がよいケースクエアのような会社を選ぶことをおすすめします。

ただし、英語以外の言語にも翻訳する予定や可能性がある場合は注意が必要です。もし英語以外の言語の翻訳をすることになった場合、他の翻訳業者に最初から依頼し直すことになります。

英語以外の言語の翻訳が必要であれば、はじめから多言語で対応できる翻訳業者に依頼した方がよいでしょう。

専門性だけでなく
「ローカライズ」「コピーライティング」も重要!

また、「専門性の高さ」と同様に重要なものとして、「ローカライズ」「コピーライティング(トランスクリエーション)」の技術の高さがあります。

ローカライズ

「ローカライズ」は、その国の背景に合った言葉や表記に置き換えて、意味の通る翻訳にすることをいいます。

これからの時代は、外国人観光客の集客やオンラインショッピングなど、サービス業の広告の翻訳が増えていくと考えられます。ローカライズされた文章は、対象となる国の人から好まれやすい内容となるため、広告の内容をより伝えやすくなるのです。

国内だけでなく、国外で広告を行う場合にも、言語のローカライズは重要なポイントといえるでしょう。

コピーライティング(トランスクリエーション)

「コピーライティング(トランスクリエーション)」は、その国の文化や習慣などの背景に合わせて、その国の言語でコピーを作り直すことです。

この時、ブランドづくりや標的となる顧客層を決めることなどマーケティングのスキルも必要になります。

翻訳会社に依頼する場合は対象の国の文化に精通しているだけでなく、広告の翻訳に対応する翻訳会社や、広告の翻訳を経験したことのある翻訳者に依頼するとよいでしょう。

より良い翻訳業者を選ぶためには、その分野や、その言語の国の背景に精通しているかどうか、必要なスキルを持っているかどうかを見極めることが重要です

英語翻訳が安い!
3社の料金を比較
  実績 料金 見積もりスピード 口コミ
ユレイタス
ユレイタス公式HP 公式HPで
無料見積もり
東京大学・大学院、京都大学・大学院、早稲田大学・大学院、日本銀行、内閣府、ニュージーランド大使館、国立がんセンター、キヤノン株式会社、ソニー株式会社、愛知県がんセンター、青森県スポーツ科学センター、大阪府こころの健康総合センター、大阪府立泉州救命救急センター、Abbott、エルゼビア・ジャパン株式会社、あいち小児保健医療総合センター、愛生会山科病院、ほか多数 英訳 1字/8.6円~
和訳 1ワード/9.6円~
ボリューム割引あり
1時間~
英→日納品(1,000単語)/1営業日
日→英納品(1,000文字)/1営業日
・翻訳の質は非常に高く、素晴らしいサービスを提供していただきました。発注方法も簡単でした。翻訳の出来は私の期待通りで、担当チームのプロ意識と努力に感謝しております。知人へもユレイタスを紹介したいと思います。
・私は翻訳サービスを使うのは初めてでした。翻訳をしていただいたあと、私のほうで訳文を大幅に修正しなければならないかと思っていたのですが、思ったよりも修正箇所が少なかったので助かりました。翻訳者の方が元の日本語の意図をうまくくみ取ってくださっていると感じました。日本語としても読みづらくわかりにくい部分を、見事に意訳していただきました。

引用元:ユレイタス(https://www.ulatus.jp/client-voice.htm

ケースクエア
ケースクエア公式HP公式HPで
無料見積もり
内閣府/国土交通省/気象庁/日本原子力研究開発機構/宇宙航空研究開発機構/文部科学省/情報処理推進機構/東京大学/筑波大学/京都大学/慶應義塾大学/北海道大学/IHI/本田自動車株式会社/トヨタ自動車株式会社/三井情報株式会社/ドコモ株式会社/ソニー株式会社/富士通株式会社/日本航空株式会社/東芝株式会社/NTT/大成建設株式会社ほか多数。 英訳 1字/10円~
和訳 1ワード/10円~
1時間〜
英→日納品(1,000単語)/1営業日
日→英納品(1,000文字)/1営業日
数社から見積りを出してもらい、一番安かったのでお願いしました。見積りが他社よりもかなり安かったので、不安もありましたが、コーディネーターのサービスの丁寧さや、仕上がりを見て杞憂であったと思いました。すばらしい仕事をされるので、今後もケーススクエアさんにお願いします。
今まで色々な会社に翻訳を依頼していましたが、ケーススクエアさんのサービスはとても良かったと思います。こちらが必要としている知識や経験をお持ちで、専門的な翻訳をしていだだきました。コーディネーターの方の配慮がきめ細やかで、急ぎの時や例外事項も柔軟に対応して頂いています。

引用元:契約書翻訳会社

NAIway
NAIway公式HP 公式HPで
無料見積もり
朝日オフセット印刷株式会社 株式会社MIC 株式会社アマナ 株式会社ケリングジャパン 万田発酵株式会社 JEF商事株式会社 サッポロビール株式会社、株式会社エクザム 横浜市国際局・文化観光局 石川広告美術株式会社 株式会社ディーズ ギャラリー 株式会社LIXIL 公益財団法人 かながわ国際交流財団 福井放送株式会社、ほか多数 英訳 1字/15.4円~
和訳 1ワード/20.35円~
1時間~
英→日納品(1,000単語)/2営業日
日→英納品(1,000文字)/2営業日
・2015年3月に創刊したT JAPANの契約などに関わる日英・英日翻訳を依頼しております。納品いただいた原稿は誤訳等もないため手直しする必要がなく、そのまま利用できる点が大変気に入っています。また、見積もり依頼から納品までメールでのやり取りも丁寧に対応してくださいます。急なお願いにも対応していただけますので大変使い勝手の良い翻訳サービスだと思います。
・2009年から長期に渡り、多言語でのWEB制作の翻訳を依頼しております。英語は勿論のこと、ポーランドやハンガリーなどの欧米、フィンランドやノルウェーなどの北欧などの、他社では依頼できないマイナー言語にも幅広く対応してくれます。急な依頼の際にも対応が早く助かっています。またクライアントから、納品後に誤訳などの申し付けもないので信頼しています。

引用元:NAIway(https://www.naiway.jp/voice/

※当サイトに掲載されている翻訳業者の中から、無料トライアルに対応しており、問合せ・見積もりへの対応スピードが1時間以内と明記されている業者3社を比較(2021年8月調査時点)

ページの先頭へ